So-net無料ブログ作成
Lancers.jp

CakePHPその18 〜Automagic JavaScript Validation Helper - Beta〜 [CakePHP]

CakePHP1.2のバリデーションは非常に強力だけど、当然、一度は送信しなければならない。
サーバー環境のせいもあるとおもうけど、通信時にいまいちもたつく感じがあって、その上で「エラーです」なんて出ると、ちょっとイラッとする。

だから、送信前に一度バリデーションをチェックして、漏れが無いようにJavascriptでやるのが親切だと思うけど、Javascript用にバリデーションルールを別に用意するのも、いまいちスマートじゃない。
Model->validationから、Javascriptを生成すればスマートなんじゃないかと思い、なんかないかと検索。

…あった!あったよ!
その名も Automagic JavaScript Validation Helper http://www.pseudocoder.com/archives/2008/02/17/automagic-javascript-validation-helper-beta/

コレは便利!
勿論ベータだけあって、かなりの部分を変更した。
  • まずは、json_encode関数を使っているので、PHP4では動かない! これは、下記サイトから、json_encode関数を参考にした。具体的にはbootstrap.phpに if (!function_exists('json_encode')){
        
    App::import('Vendor','json_encode', array('file' => 'json_encode.php'));;
    }
    として対応した。 詳しい説明などは下記から
    json_encode関数
    http://www123.ddo.jp/extwiki/?2.0%2Fjson_encode関数
  • これではJQueryを使ってるんだけど、導入するサイトはMochikitを使用しているので、JQuery依存の部分をMochikit用に変更。
  • その他、足りないバリデーションや、カスタムバリデーションに対応するように変更した。

なんで、ほぼ原型をとどめていないくらいになってしまった。

カスタマイズに苦労はするけど、本当に便利なので、今後のバージョンアップが楽しみ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。