So-net無料ブログ作成
検索選択
Lancers.jp

寒中見舞いで使ったライブラリとか [ActionScript]

というわけで、間があいてしまったけど、寒中見舞いで使用したライブラリやソース元のご紹介です。

基本的には、PaperVision3D 2.1を使用しています。
Line3Dが数年前から気に入っているんですが、仕事で使ったことは無いので、未だに使い込めてません。Line3Dは下記を参考にさせて頂きました。
「Papervision3Dで3D空間にラインを描画する:5ive™.blog」
http://www.5ive.info/blog/archives/313

雪が降る部分とカメラの移動は、clockMaker Blog様のデモなどを、ほぼそのまま使わせて頂きました。これで制作時間が半分は短縮されましたね。

「Papervision3D 2.0で被写界深度表現(3):降り積もる雪 | ClockMaker Blog」
http://clockmaker.jp/blog/2008/08/papervision3d_snowfall_particle/
雪のぼかしに関しては、下記のサイトのをほぼそのまま使いましたが、雪の挙動については物理演算させたかったんで、jiglib使いました。
最終的に、雪を減らしたからあんまり意味が無かったんだけど、ばんばん降ってくると面白い。
http://www.jiglibflash.com/blog/

カメラの設定は下記から
「パーティクル表現のためのAS3ライブラリ「Stardust」 | ClockMaker Blog」
http://clockmaker.jp/blog/2009/12/as3-stardust/

下にひいてある文字は、テクスチャでも良かったんだけど、寄ると荒れるし、文字も動かす予定があったんで、Text3DとPotrAsを使いました。
「tnker.com - Papervision3DでText3DとPotrAsを使ってみる」
http://tnker.com/?p=629

こんな素晴らしい情報がすぐに手に入るなんて、良い時代になったような、それ以上の苦労が増えただけのような…。

ちなみに、3Dオブジェクトに関しては、六角大王を使用しました。
んで、一度LightWaveに読み込んで、ラインを引き直してから、.objで保存してます。

LWはラインでさくさく描けるソフトではないし、本当は六角大王から直で.objに保存したいんだけど、ライン情報は書き出してくれなくて、不便してます。
つーか、書き出せるのって、多分LWだけ。オレのは未だ7.5だけど。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。