So-net無料ブログ作成
Lancers.jp
Macintosh ブログトップ

Subversionの.svnフォルダを消しつつzip [Macintosh]

今時、自分はSubversionを使っている。
Gitのほうが良いよ〜って人のほうが多いんだけど、CodaやDWで使えないので、デザイナーとしては正直使いづらい(Coda2ではGit使えるけど

それで特に不便はないし、重宝しているんだけど、面倒なのは.svnフォルダの存在。

自分用だったら、無視しても良いけど、人に渡す時にあるとちょっとねぇ。
でも、毎回ターミナルで消すのは面倒。

ってわけで、コンテキストメニューにあったら便利なんで、そういうサービスワークフローを作ったよ。

まずは、Automatorを起動し、新規サービスを作成
Automator.jpg

そしたら、下記のように作成。
DL用zip圧縮.workflow.jpg

1.上部の「"サービス"は、次の選択項目を受け取ります:」を「ファイルまたはフォルダ」に変更

2.左のライブラリメニューより「シェルスクリプトを実行」を追加する。
「入力の引き渡し方法」は「引数」
スクリプトは、下記のように
find "$@" -name ".svn" -type d -exec echo delete {} ";" -exec rm -rf {} ";"
echo "$@"


3.左のライブラリメニューより「アーカイブを作成」を追加
ファイル名や場所は「入力と同じ」にすると良いです。

4.適当な名前で保存(「DL用zip圧縮」など)

そうすると、右クリックで表示されるコンテキストメニューの「サービス」のところに追加されます。
スクリーンショット 2012-07-05 18.48.16.jpg

コレで無事に簡単に「.svn」を削除しつつ、zip圧縮できるようになりました。

ちなみに、行なうときは、かならずコピーを取って、コピーを使って圧縮するようにして下さいね。
同期しているので行ってしまうと、チェックアウトし直さないとならなくなりますからね!
お気をつけ下さい。
(もっと楽したければ、コピーして、zip後コピーを削除っていうのを付け足すと良いんでしょうが…)


Macintosh ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。