So-net無料ブログ作成
Lancers.jp

久しぶりの日記 [写真]

しばらくブリです。
書きたいことはたくさんあるんだけど、なんとなく放置気味でした。

Cake Matsuriに行きたかったなー。
行った人の日記を読めば読む程、残念な気分になるよ。

とはいえ、その時に何をしていたのかというと、ようやくとれた夏休みを使って、ラオスにいました〜
3362804

良かった!
一人で回ったんで、すごい疲れたけど、本当に行って良かった。
3362799

33628003362803

特に、世界遺産にもなっている、ルアンパバーンの街がのんびりしてて、素敵だったよ。

やっぱ、旅はいいなぁ。


原チャで行こうよどこまでも〜新潟編〜 [写真]

一年ぶりの旅をして来たよ。
去年は名古屋まで行ったので、今回は新潟!

ホントは仙台にしようかと思ってたんだけど、「木のしごと」に「水と土の芸術祭」に逢坂先生の作品が出てると知って急遽変更。

17号をひたすら北上し続けたよ。
ただ、寝坊して出発が遅くなってしまったため、苗場のあたりで日が落ちてしまい、浦佐でビバークするハメに。
あまりの寒さに限界だったのがたまたまここだったんだけど、2年前に「越後妻有アートトリエンナーレ」を見に来た時に泊まったのが、浦佐だったので(そして追突事故を起こした場所)、何かしら因縁を感じる(笑)

新潟市は、ちょうどいい気温で過ごしやすかったし、米もうまかったので、満足。ラーメンは超普通でした。

問題は帰りなのですがー、三国峠はあいかわらず死ぬ程寒かった。。
そのうえ、前橋あたりから渋滞が始まってしまい、ずうっっとすり抜けしてたよ。70km分くらいはすり抜けした。
神経すり減りまくり。

時間的には名古屋より近いけど、精神的には倍くらい疲れた感じ。
でも、20代の頃はフジロックを見に、ほぼ日帰りに近い感じで同じ道を苗場まで行ってたよなー。やはり歳か…

でもまあ、似たようなバカは他にもいるもので、石打あたりで抜かされた「神奈川区」ナンバーを渋川で再遭遇したりしたのは、ちょっと面白かった。

写真は、今回ので一番のお気に入りの作品。
3203764
http://www.mizu-tsuchi.jp/art/artprofile/art23.html

先生のはなー、船が動いてないと意味が無いよ。残念

ってなことで、本年の国内旅行は終了〜。

おつかれさまでした
3203765

トルコ2 エフェス [写真]

トルコのエフェス遺跡から数枚。
ちなみに、ここは現地のツアーに参加して見て回ったので、ガイドは英語でした。
まっっっったく何言ってんだかわかんなかったんで、説明できません。だから、写真は多め
ただ、強者どもが夢の跡ってのが、ひしひしと伝わってきたなぁ。

エフェス(セルチュク)




ドミティアヌス神殿
2300371

ヘラクレスの門
2300372

クレテス通り
2300373

ハドリアヌス神殿
2300384

ケルスス図書館
2300374

ケルスス図書館の一部アップ
入り口しか残っていないけど、こんな素晴らしい彫刻が現存しているなんて夢のよう。
2300375

円形大劇場
230037623004112300412

それも儚い夢のようでした。
2300413

ウズベキスタン3 シャーヒズィンダ廟群 [写真]

久しぶりに、旅の写真。たまには、思い出しつつね。

シャーヒズィンダ廟群はサマルカンドより、北へ30分くらい歩いたところにある。
小高い丘のうえにあって、行った当時は周りには工事現場だらけで他には何も無い、殺伐とした場所にあった。

シャーヒズィンダ廟群



シャーヒズィンダ廟群 入り口

聖廟らしく、中はひっそりとしていた。
廟とは遺体を奉るところだから、モスクみたいに巨大な建築ではないけど、それでも細かく行き届いた芸術建築は、圧倒される。
シャーヒズィンダ廟群

イスラム建築(というか、この辺はペルシア文化の影響を相当受けている場所なので、ペルシア建築と言った方が良いか)のすばらしいところは、空や宇宙を表現しているという天井。
シャーヒズィンダ廟群 天井シャーヒズィンダ廟群 天井
どの天井も一つとして同じものは無く、それぞれに個性があって、観ていて全く飽きない。勿論、首は痛くなる。
吸い込まれそうで、できるならずっと見続けていたいくらいだった。

でも、やはりなにぶん古いので、あちこち修理中だったので、ちょっと残念。
丹念にタイルを磨いてる、修理工のおっちゃん。作業場もにこにこして見せてくれた。
シャーヒズィンダ廟群 修理工

この廟は修理がだいたい終わったのかな?エメラルドグリーンが鮮やか!
シャーヒズィンダ廟群 フッジャ・マフマド廟

もう行くことは無いかもだけど、いまでも脳裏にしっかりと焼き付いてます。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

トルコ1 [写真]

久しぶりに写真日記。
2004年に行ったトルコの写真をアップしてみる。当時は、フィルムカメラを使ってたので、デジタルデータは携帯で撮ったものだけなので、写りが悪いです。


有名なブルーモスクことスルタン・アフメット・ジャミイ。
ほんっとーに奇麗だった。素晴らしい。

ブルーモスク後ろ


大通り沿いにある公演から見た、ブルーモスクの後(横?)姿。

アヤソフィア


アヤソフィア。でかすぎて、どうやってもフレームに収まらなかった。
内部は、キリスト教とイスラム教の融合で、この地の歴史の凄さ(と複雑さ)を改めて感じたよ。

地下鉄


イスタンブールの、当時できたてほやほやだった地下鉄。きれいでかわいらしい電車だった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

タイ1 [写真]

タイ ワット・プラケオ


言わずと知れた、タイの金ピカ寺院。エメラルドでできた仏像があるので、エメラルド寺院とも言う。

タイ ワット・プラケオ


とにかく、ひたすら金ピカで、目が疲れた〜。
まぶしすぎるのも考えものだね。


タイ ワット・プラケオ


その下で、ひたすら耐える人(?)たち。


タイ ワット・プラケオ


「重いよ…ママン助けて!」と言ってるかどうかは知らない。



タイ ワット・プラケオ


扉に描かれていた、アルカイック・スマイル。
全部金ピカと思えば、こういう柔らかな絵画も随所にあり、タイの仏教美術の奥行きを感じる。
でも、90%はピカピカなんだけど。

その他、その辺の寺院にて

タイ その辺の寺


タイ その辺の寺




左:祈願する時に、金箔を貼る習慣があるらしいので、ディティールがつぶれてしまってる。
右:やりすぎて原型が止めておらず。



タイ その辺の寺


最後に、妙に南国な大黒さん。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

イラン2 ペルセポリス [写真]

ペルセポリス

かの有名な、アケメネス朝ペルシャの遺跡。
意外と広くないのだけど、ここは実際には儀式等で使われたので、実用的ではなかったとの説がある。

ペルセポリス 入り口


入り口では半獣(スフィンクスみたいな)の門番がお出迎え。

百柱の間


百柱の間。100本もの柱があった頃は、さぞかし壮観だったろうな。

石像


修復中の石像。ライオン?なんか愛嬌があるよね。
結局、この時代の人たちは自然との共存がうまく行ってたから、ライオンの存在も(怖かっただろうけど)、恐怖や排除の対象では無いというのがこの石像には現れていると思う。


ウズベキスタン2 [写真]

前回に続いて、ウズベキスタンのブハラにあるポイー・カラーン広場。

ウズベキスタン ミル・アラブ・メドレセ

これは、ミル・アラブ・メドレセ(神学校)。
現在は、図書館としているらしいけど、行ったときはお祈りをしていたらしく、入れなかった。

ウズベキスタン カラーン・ミナレット


ウズベキスタン カラーン・ミナレット アップ

こっちは、メドレセの横にあるミナレット。とにかく高い。頭頂部をアップしてもこれだけ細かいなんて! 昇ってみたかったなー。

ウズベキスタン カラーン・モスク


こっちは、モスク。カラーンというのは、大きいと言う意味らしい。
当時の王様は、これを建てる為に数千人の奴隷を売ってまでして、お金を工面したらしいが、その後財政難に陥ったらしい。

下左は中庭。モスクなので、メッカの方角にミフラーブがある(右下)

ウズベキスタン カラーン・モスク 中庭

ウズベキスタン カラーン・モスク 中


イラン1 [写真]

イマーム広場


イラン型のモスクには、必ずある鍾乳石飾りのアーケード。

繊細で綿密なモザイクタイルは、うっとりとすると同時に、その技術の高さに驚かされる。

イラン・イマームモスク 中庭アーケード

この細やかさ!
こんなにアップしても、細かさが変わらない。すごかった。

イラン・イマームモスク 中庭アーケード アップ


ウズベキスタン 番外編1 [写真]

いきなり、番外編はじめてどーする(汗
うっかり、終電に間に合わなかったので、事務所での時間つぶしと言う事で…。

サマルカンドで個人宅に招かれての食事。マジうまかった! 奥に見えるのが、ウズベキスタン名物のナン! インドのナンとは全く違い、モチモチして食べやすかったよ。ナンはサマルカンドに限るよ〜。

羊肉を使った水餃子。こういう中東と中華が見事に混ざり合った料理が中央アジアの魅力だね。パクチーもたっぷり入って、もろオレの好み。 ハマって、ほぼ毎日食べてた。

バザールにて。見えるもの全てパン(ナン)。いろんなのがあっておいしそうだった。 残念ながら、食べてないけど。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。